Home

品質 十分性 ソフトウェア

「テスト設計の目的」についてばしっ!っと答えてくれるものは中々見つからなかったが、これは参考になると思った。 ソフトウェアテストにまつわるよくある疑問 テスト設計をするってどういうこと? ⇒テストを設計することとは?. 品質 十分性 ソフトウェア テスト密度とバグ密度については、それぞれ「品質メトリクス -テスト密度-」、「品質メトリクス -バグ密度/欠陥密度-」で記しているが、お互いの関係はどのようになっているのかを整理する(考察する)。. 曖昧・複雑なものに対して、整理しながらテストケースを作成できる 2. テストの要求(ニーズ・シーズ)を見つける 2. バグの修正にかかる時間 4. テスト目標を満たす上位テストケースを分析する 4. バグを全部見つけるのは無理だと心得ろ 2.

当然のことですが、さまざまなシステムやソフトウェアには、高い信頼性が求められますが、システムやソフトウェアの信頼性とは具体的に、どのようなものなのでしょうか?ここでは、ソフトウェアの信頼性とはなにかを定義し、信頼性が求められる背景や信頼性を確保する難しさ、十分な. カバレッジ率の値を取るために使われる 3. テスト設計技法を選択するには、テストの要求とプロジェクトの状況を調べ、原則やグッドプラクティス(複数のテストレベルでテストする、単機能テストをしてから組み合わせテストをする、複数のテストタイプを組み合わせるなど)を適用することで、大まかに方針決めできます。しかし、そこから妥当なテストを目指して、さらに詳細に考えようとすると難しい作業となります。さまざまな制約の中で、正解が見えないまま試行錯誤が求められるためです。 ここでいう「さまざまな制約」とは、具体的に次のようなことです。 1. @itは年11月19日、「@it ソフトウェア品質向上セミナー 冬~不確実性が高まるdx時代のソフトウェアテスト/品質保証はどうあるべきか. 品質確保の取組が必須となっている. このような開発期間の短縮,要求仕様の変更,品質の確保という 3 つの課題を解 決するために,企業では様々な取組みを実施している.ソフトウェア品質を確保する. 同値分割とは、入力領域を「同値クラス」という部分集合に分割し、その部分集合に入る入力値を等値とみなす作業 2.

モジュールで見つかるバグの数 5. られた測定量を用いて、すべての関連するソフトウェア製品の品質特性を仕様化し、評価 することが重要である。 ソフトウェア品質評価の最初の国際規格としては、1991年にISO/IEC 9126: Information technology – Software product evaluation – Quality characteristics and guidelines for. 時間軸でのバグの発見数 1.

品質が悪いとは: バグによって本来の機能が制限され、そのソフトウェアに期待される機能を顧客に提供できないこと. ステートメントカバレッジでは、コード内の命令文 (ステートメント) をすくなくとも一回は実行する 2. セーフウェアでは、要求仕様に含まれている情報が、ソフトウェアの望ましい挙動と望ましくない挙動を設計者が判断する上で不十分であるとき、要求仕様があいまいであるとしている。あいまいでない要求仕様が完全であることになる。すなわち、ソフトウェアの安全な挙動を規定するためには、要求仕様が完全である必要がある。 要求の完全性条件には、表3に示すようにユーザインタフェース完全性、状態完全性、状態遷移完全性、入出力完全性、トリガ事象完全性、応答事象完全性がある。以下では、この6条件について説明する。. 重要度の高いバグの発見数 3. 弱いエリアを見つける 2. テストベース(仕様書などテスト設計のインプット)の抜け漏れ・不整合を見つける。テストベースの理解を助ける 4. テストはテスト対象のごく一部しか網羅できない ソフトウェアが取り得る条件は膨大です。入力の組み合わせ、タイミングのパターン、内部の状態などは認知不能なまでに条件があります。これら膨大な条件にテストで網羅できるのはごく一部のみです。少数をサンプリングして確認する程度しかできません。 2. プログラムで境界と呼ばれる場所には常にバグが潜んでいるので、境界値近くは詳しくテストする必要がある 以下の4つのバグタイプを頭に入れながらテストを書く。 1.

ソフトウェア品質プレゼンテーション 2. ソフトウェアの信頼性メトリックス 4. ・JSTQBのシラバス ⇒1. ソフトウェアは4つの仕事しかせず、その4つの振る舞いをテストすればよい 1. ソフトウェア品質サマリレポート sspソフトウェア検証パッケージは、秘密保持契約(nda)により顧客の要求ごとに入手可能です。以下が含 まれます。 1. は,品質の重要性と品質の種類について説明します。. リソースが足りない 利益を確保するため、テストのリソースはぎりぎりまで最小化されます。また、テストは設計やプログラミングといった上流の人材不足・遅延の影響を受け、そこからさらに工数やリソースが減らされがちです。 まとめると、リソースが不足し、テストの妥当性も全容もわからないまま、サンプリング程度の確認手段でテストを成功させることが求められるということです。 なお、サンプリング程度にしか品質を確保・確認できないのはテストに限りません。コードレビュー、ドキュメントレビュー、静的解析といった他の検証・妥当性確認や、設計の工夫といった、より広い意味での品質エンジニアリング手法も同様です。.

コードの複雑度: McCabeのルール 4. 品質評価指標を求めるために必要となる基礎的な観測指標 プロセス品質評価指標 (Process Metrics) ソフトウェアの開発過程の実施作業の うち品質確認作業に関する十分性を評 価する指標 プロダクト品質評価指標 (Product Metrics) ソフトウェアの開発過程で作成さ. プログラムのある部分でエラーがまだ存在している確率は、すでにその部分で見つかったエラーの数に比例する 3. 機能をリストアップする 2. See full list on thinkit. テストケースの設計では、「テスト設計技法」が有用です。これは、「テスト対象に対してどのようにテストケースを作っていくか」を技法として具体化したものです。 今回は、このテスト設計技法について、使いどころの見つけ方をテーマに解説します。. ビルドが失敗した原因 6. 適切なテスト設計技法を選択するには、技法の強み弱みに精通しておくこと、技法選択のインプット(テスト対象情報、十分性、実現性)を理解しておくことが重要です。特に後者はテスト設計技法を勉強して現場で活かそうとする際に課題になりがちです。 この技法選択のインプットについて解説する前に、その前提となるテスト設計の全体像を見ていきます。大まかにまとめると、テスト設計は次の流れを取ります。 1.

探索的テストとは、ソフトウェアの理解とテスト設計とテスト実行を同時に行うテスト 2. 担当者アサイン時に、チェックが十分 可能な人をアサインする。 チェック項目は適切だが、 チェック不備が発生する。 チェックシート作成者が、 背景情報(必要性、 理由)を残さなかった。 チェック能力向上のための教育. ビルドで見つかった問題 5. 品質特性/副特性:信頼性 18 成熟性 システムが十分にテストされ,または実 運用で使い込まれ,故障しない 可用性 システムが利用可能な状態にある程度 (システム稼働率) 障害許容性 障害にもかかわらず,システムのサービ. 出力を処理する 1. ソフトウェアの品質特性 † ソフトウェアの品質とは、開発者から見れば第一に「バグがないこと」だが、利用者・運用者・経営者から見れば「使いやすいこと」「使い方を覚えやすいこと」「応答が速いこと」などが挙げられる。. テスト密度はソフトウェアのテスト品質を測るのに役立つ指標ですが、テストの網羅性を測ることはできないため注意が必要です。 例えば、テスト密度が十分であっても、テスト内容が重複ばかりしていたら、テストできていないケースがある可能性があり. 各原則の名前と概要を以下に記載します。 詳しい記載はJSTQBのシラバスの「1.

バグの住む場所を探す -境界値分析法-. The Rational Edgeより:ソフトウェアアーキテクチャという比較的新しい分野について概説する。今回はシリーズの第1弾という位置付け。この分野の. ソフトウェアの品質を高めるためには、テスト工程だけで品質向上を図ろうとするのではなく、開発の段階からテスト工程を見据えて取り組むことが重要です。本稿では、テスト工程の生産性に直結する「テスタビリティ」の概念と、実際にテスタビリティの高いシステムを作り上げるために.

縦軸: 機能性 品質 十分性 ソフトウェア / 安定性 2. ができ、その結果ソフトウェアの品質が改善される。 本分科会では、トヨタ自動車の改善活動で使われている「なぜなぜ5回」をソフトウェア開発 に適用し、真の原因を突き止めることができた。真の原因を見つけられなければ、効果的な対策. 4 通巻99号 「ソフトウェア品質保証」 技報99号は「ソフトウェア品質保証」特集です。日本ユニシスグループでは"Quality First"という品質ビジョンを掲げ、高品質なソフトウェアを常に提供できる仕組みを構築してます。. 「テスト観点」はJSTQBの用語集には出てこない用語です。VSTePにちょっと出てきたのでこれを抜粋。 大まかにはわかりますけどちょっと大まかすぎますね・・・。 もうちょっと具体的に知りたいと思ったので探してみたら、このサイトで以下のような説明を見つけました。 このサイトの図を抜粋. ストレステストを行った際のMTTF 5.

テスト対象の情報。組み合わせか、状態遷移かなど 2. そのタコなもジュルを見つけて品質改善をすると、あっと驚くような品質のソフトウェアになる 3. 実際の顧客がもっとも使うと思われるオペレーションをした際のMTBF (Mean Time Between Failure) 4. テストを実行しながら、どこか他の部分に問題がないかを考え、そこをテストする 品質 十分性 ソフトウェア 2. 品質 十分性 ソフトウェア テスト設計技法とは、「テストケースを作成したり選択したりするための技法」(ソフトウェアテスト標準用語集(日本語版))です。さまざまなテスト設計技法があるため一概に断定できませんが、おおよそ次の作業のすべて、または一部で構成されます。 1.

テストケースの数と、テストの自動化率 3. 入力を処理する 1. マルチプロセスやマルチスレッド間でデータを共有している よって、組み合わせテストに関する問題はテストで見つけるのではなく、アーキテクチャを工夫して出ないようにすべし。. トウェア品質の観点から考えたとき,ソフトウェアの信頼性は,ソフトウェア開発過程にお いて十分に確保しなければならない性質であり,それが不足する場合はソフトウェアとして. グローバル変数を使っている 2.

長いデータ (abcdefghijklmn. モデル化。テストケースを作成できるようにテスト対象をモデル化します。モデルはデシジョンテーブル、状態遷移図、クラシフィケーションツリー、パラメータと値のリストといったものです 2. コード行数 6. ビルドのメトリックス 5. バグのメトリックス 1.

基本的には品質の悪い一部のコンポーネントが全体の品質の足を引っ張る 2. このような制約に対し、テストを含めた品質を確保・確認する手段はどれも非力です。これに対応するためには、チームで協力して手段の弱みや制約を補い合う、本質的な妥当性を学び続ける、生産性の向上や反復的な改善でゴールに近づく、という3方向の工夫が重要になります。 これはテスト設計技法の選択でも当てはまる話です。具体的に、前提として次のような工夫が重要になるということです。. 計算を行う 1. 言われてみれば、品質ってなんですかね? バグがないこと(少ないこと)でしょうか・・・? 偉い人たちはこんな風に考えるらしいです。 これを見ていて思ったことがあります。ソフトウェア開発で品質というと、私はまずテストを最初に連想します。しかし、テストというのはあくまで品質を確認するための手段の一つにすぎないのかなと思いました。 ソフトウェア開発活動全体(管理、要件定義~テスト)が品質活動そのもので、テストはその中のあくまで一つ。作ったものが要求を満たしているか確認する手段の一つに過ぎないのかなと。.

「どこまでテストすべきか」の十分性。品質リスクをどこまで抑えたいか、テスト対象をどこまで網羅したいか 3. 年2月発刊 Vol. 品質特性とは、ISO/IEC 9126(ソフトウェア製品の評価 品質特性とその適用に関するガイドライン)という規格で定義されている、ソフトウェアの品質の指標を分類して体系的にまとめたものです。機能性・信頼性・使用性・効率性・保守性・移植性の6つの品質特性があり、さらにその中で合計21の副特性に細分化されます。. ユーザーがよく使いそうなデータ 品質 十分性 ソフトウェア 2.

20%のバグの発見は、モジュールごとのバグの発見数を調べれば、どこにバグがたくさんあるかはすぐわかる 5. ソフトウェア・システム分野における品質の理解は十分とは言えないのでは? あらためて、この分野における利用者視点での品質を見直す必要がありそう. KLOCs: どのくらいソースコードの行数が増加しているか 3. /06/30) 機械学習品質マネジメントガイドライン 第1 版 年6 月30 日 国立研究開発法人産業技術総合研究所. テスト技術者資格制度の資料では、テストには以下のような目的があるとされています。 目的1:欠陥を摘出する。 開発でのテスト(コンポーネントテスト、統合テスト、システムテストなど)では、なるべく多くの故障をたたきだし、ソフトウェア中の欠陥を特定して修正することを主目的とする。 目的2:対象ソフトウェアの品質レベルが十分であることを確認する。 受け入れテストの場合、システムが期待通りに動作し、要件に合致することの確認が目的となる。 運用テストでは信頼性や可用性などのシステム特性をチェックするのが主目的である。 目的3:意志決定のための情報を示す。 また、別のケースでは、ソフトウェアの品質をチェックし(欠陥の修正は目的とはしない)、所定の時期にソフトウェアをリリースすればどんなリスクがあるかという情報をステークホルダ(利害関係者)に提供することもある。 目的4:欠陥の作りこみを防ぐ。 保守テストでは、ソフトウェアの変更時に、新たに欠陥が混入していないかチェックするテストも実施することが多い。.

テストケースの導出。モデルと網羅基準からテストケースを導出します テスト設計技法には多種多様なものがあります。主要な種類として、仕様からテストケースを作成する仕様ベースの技法、構造からテストケースを作成する構造ベースの技法、知識や経験を活用する経験ベースの技法などがあります。 テスト設計技法を使用するメリットは次のとおりです。 1. See full list on bcm. テストという作業は、アウトプットが非常に見えにくい 2. 大事なのは、バグのない製品を出すこと 2.

コンポーネントごとのバグの発見数 (バグが多すぎないか、もしくは少なすぎないか) 2. こんにちは。”きらり”です。 今回はメトリクスの前にソフトウェアの品質定義(jisx0129-1)*1について書きます。 情報処理技術者試験などで学習されてご存知の方も多いと思います。. 品質保証活動の概念について、国際標準をもとに解説している。 【効果】システム及びソフトウェアの品質保証、向上について基本的な概念を学ぶことができ る。 2.国内のメトリクスに係るシステム・ソフトウェアの品質保証活動. 先ほどの説明でテスト観点というものはちょっとわかった気がします。しかし、これらの観点をどうやったら漏れなく洗い出せるのでしょうか? 一つ参考になりそうなものを見つけましたので抜粋してみます。 高信頼化ソフトウェアのための開発手法ガイドブック ⇒6. 非常に大きなデータ 4.

メトリックスデータを使用する場合、次の2点に気をつける 2. 環境構成の機能性をテストしたい 2. . その多さの要因は、組み合わせテストがテストケースの増大を起こしている 3. 上位システムを下位システムの相互作用に分解し、その個々の下位システムをさらにその下位に分解していく。機能は複数のサブ機能で構成されていると認識する機能一覧表、機能階層図としてシステムを表現する ・データの流れ、データの変換過程として認識する 1. 目的の前に、そもそもテスト設計って何?と思ったので調べてみました。 ソフトウェアテストの教科書―品質を決定づけるテスト工程の基本と実践という本の 52pageでは以下のように記載されています。 調べてる途中でテスト計画とごっちゃになって混乱したので一緒に整理。(同じ本より抜粋) JSTQBの用語集には以下のように記載されています。 テストケースを作成するプロセスをテスト設計と言っているみたいですね。 関連する用語も抜粋しておきます。. 1 ソフトウェア品質の保証(’96年4月~) 品質保証部門では、レビューとテストによる品質保証システムを 構築し、下記のテスト品質レベルの向上に取り組んだ。 (1)テストの漏れを防止するため、効果的なソフトウェア品質特 性 性を定義し、品質指標と. れれば満足,不十分なら.

テスト担当者以外のバグの発見数 2. 「どこまでテストすべきかの十分性」に関する強み 一方、テストに対し、次のような要求や制約があるとします。 1. ブロッコリーさんの資料にはない項目ですが、Checking と Testing の中で出てきたので勝手に追加しました。 ソフトウェアテストの教科書―品質を決定づけるテスト工程の基本と実践という本では以下のように記載されています。(10page) このブログでは以下のように説明されています。 このサイトでの説明は以下の通り。. 厳しさを増すソフトウェアの品質確保. どんな入力も正しく処理するためには -同値分割法-. 以前この記事に書いた、【テスト対象となるシステムをどのように認識するか】がテスト設計する上で必要な考えだと感じたので転記。 ・目的-手段の階層構造、または目的-機能-手段の階層 1. ソフトウェア開発会社のためのISO9001はじめてハンドブック 本書は、年度版のISO9001(JIS Q 9001)の規格を理解してもらうことを目的として作成してあります。規格を分かりやすく、なぜ、ISO900.

要性の高まっているソフトウェア安全性について議論 する.また,ソフトウェア信頼性/安全性の計測・評 価技術について考察する. ・ 鳥取大学工学部社会開発システム工学科:〒680鳥取県鳥 取市湖山町南4-101 2. ソフトウェア品質の特性要因と管理法. 最後までテストベースは不足している テストベースはたいてい最後まで不足しています。フレームワーク、ライブラリ、仕様書の欠落したレガシーコードの引継ぎなどブラックボックスの存在はありふれています。リソースの限界から、要求仕様や設計のドキュメントも完璧に作られることはありません。 4. 上位テストケースからテストケースを作る ※これらはシーケンシャルなウォーターフォールのように順番に実施するものではありません。一般的に相互フィードバックや反復で調整しながら実施します。 品質 十分性 ソフトウェア 技法選択のインプットは、主に3の要求や目標から上位テストケースを導く作業で行います。十分に詳細化された上位テストケースは、テスト対象とテスト十分性基準も詳細化されているため、どのテスト設計技法を選ぶべきかが明らかになります。. . ソフトウェアで弱いところを見つけたら、そこに重点を置き、その部分を十分にテストする 3.

信頼性成長曲線 4. ビルドにかかる時間 5. 目的に沿ったテストケース(特定の組み合わせをテストで網羅するなど)を作成できる 3. JSTQBの用語集での定義: ・・・ソフトウェア開発の工程と捉えればだいたい合ってそうだけど、コンポーネントテスト?ってなんだ?? JSTQBの用語集での定義: ・・・よくわからん。 このサイトによると、「JSTQBでは単体テストはコンポーネントテストに含まれる。」らしい。へー。 このサイトでは、「分離してテストが可能な単位の欠陥を摘出し、正しく作動することを検証するテスト。」とあります。 あまり深く考えずにクラス単体テストと捉えればいいんですかね。. 境界がない (条件文書き忘れ) 4.

入力ダイアログボックスがあれば、境界値テストを行い、単機能のデータ入力に対するバグを見つける 2. ソフトウェア品質ハンドブック 3. • 適格性評価とバリデーションの違い • ソフトウェアバリデーションの規制項目 • システムの再バリデーションが必要な場合 • バリデーションにおける十分な作業量 • ベンダー監査によるバリデーションのサポート内容 ソフトウェアバリデーションの. 品質 十分性 ソフトウェア テストの7原則とは、JSTQB(日本ソフトウェアテスト資格認定委員会)と言うソフトウェアテストに関する組織で規定されているものです。 これまで50年以上にわたり、ソフトウェアのテストに関する様々な原則が提唱されてきました。それらをガイドラインとして規定したものです。ソフトウェアのテストに関するこれまでの叡智の結晶と言ってよいものと思っています。.

3 テストの 7 原則 ・7つの原則を一つ一つ丁寧に考察しているブログ(秋山さんのブログです) 原則1:テストは欠陥があることは示せるが、欠陥がないことは示せない 原則2:全数テストは不可能 原則3:早期テストで時間とコストを節約 原則4:欠陥の偏在 原則5:殺虫剤のパラドックスにご用心 原則6:テストは状況次第 原則7:「バグゼロ」の落とし穴 ・最近の事例から考察した記事 7payの会見から学ぶソフトウェアテストの7原則 基礎知識としてこのあたりが参考になると思います。 ・テスト担当者なら絶対に覚えておきたい『ソフトウェアテストの7原則』 ・ソフトウェアテストの7原則について経験と照らし合わせて考えてみる ・システムテストの観点と七原則 ・ソフトウェアテストの基礎:ソフトウェアテストの7原則. 数字の書き間違い 3. 「どこまでテストを作成・実施できるか」の実現性。チームのスキルレベル、自動化のフィージビリティ、使える時間、テスト対象の情報の誤り・抜けをどこまで補正できるかなど これらを、テストの要求や制約の分析を通して明らかにしていきます。 また、これらを相互に調整して、望ましいテストを目指していきます。例えば「テストの十分性要求の達成が困難なため、チームのリソース増強やテスト技術向上を行う」「テスト対象の情報が不足してテストの十分性を考えられないので、ドキュメントの補強を働きかける」といったものです。 技法を選択する例として、クラシフィケーションツリー法の採用判断を示します。クラシフィケーションツリー法の強みは次のとおりです。 1.

Checking と Testingについては、あなたがやっているのはテスティングかチェッキングか?というサイトでは以下のように説明されています。 Michael Boltonという方のブログでは以下のように書かれています。 自分の理解 品質 十分性 ソフトウェア ・Checking:既存の振る舞いを壊していないか、仕様通りの動きをしているかを確認する。 自動テストで自動化できそうな範囲のもの。 ・Testing:・・・正直よくわからん。探索的テストをイメージしたけどそういうことでいいのか? ちょっとググってたら、このページで和田さんがソフトウェアテストの技法を元にTestingについて説明していた(TestingとChecking(和田さん)のところ)。 【Myersの14のシステムテスト・カテゴリ】のところでも書きましたが、ソフトウェア・テストの技法 第2版という本は持っているので本棚から引っ張り出してみた。(6 page). テストの要求に基づいて、テストが達成すべきテスト目標を定める 3. >と>=の間違い 2. コードカバレッジ 2.

非常に小さなデータ 3. 本質的な妥当性は分からない テストの十分性の根拠は、突き詰めるとプロジェクトにとっての妥当性(ビジネスの成否、社会的責務の達成、ユーザにとっての品質リスクなど)です。ただその妥当性は、製品を市場に出して結果を見るまで、たいてい不透明です。かなり努力して品質を保証しても製品が売れない、といった事態は珍しくありません。 品質 十分性 ソフトウェア 3. なるべく誤差がなく、人間の恣意に左右されないものを選ぶ 2. テスト設計技法を活用するには、適材適所での技法の選択が重要となります。 まず、テスト設計技法は、組み合わせ、状態遷移、制御フローなど、特定のモデルに特化してテストケースを作成します。そのため対象と相性の良いモデルの種類に合わせて、技法を選択する必要があります。 次に、テスト設計技法はそれぞれ強み・弱みがあります。効率良く・適切にテストを設計するためには、強みを発揮できるテスト設計技法を選択します。 適切なテスト設計技法の選択は、次の3つのすり合わせを行って判断します。 1.

ソースコードのメトリックス 3. 3 テストの 7 原則」を参照してください。. システムを入力から出力への変換変換と認識する複数ステップを踏んで変換する場合、データの流れとして認識する通称「バケツリレー」と言う場合には、この見方をしているデータフロー図でシステムを表現する ・刺激-反応のモデルとして認識する 1. ドキュメントは整理されておらずわかりにくい。補完・整理する必要がある この場合では、組み合わせを扱うほか、クラシフィケーションツリー法の強みを活かせる状況であるため、テスト設計技法として採用可能と判断できます。.